クリスチャンアーティストの森 祐理様にご講演いただきました。

10月8日(水)、一般財団法人レオ財団の月例会&勉強会が行われました。

 

今回の講演は、クリスチャンアーティストの森 祐理(モリ ユリ)さんにお願いをいたしました。

 

祐理さんは、福音歌手として20年以上にわたり、心に響く美しい歌声で、多くの方々へ希望のメッセージを届けています。

 

東日本大震災被災地での慰問公演は80回を超え、また、日本国際飢餓対策機構親善大使を務めるなど、国内外で積極的に活動しておられます。

 

講演では、運命的な出来事からNHKの歌のお姉さんの座を射止めたこと、順風満帆と思えた時に突如として声を失ったこと、そして1995年の阪神大震災と最愛の弟の死・・・悲しみの中で「失望を希望に変えたい」と被災地で歌い始めたことなど、実際の映像を交えてお話いただきました。

 

「津波でも地震でも泣かんかった。でも今日歌聴いて泣いた」
東北大震災での被災者の方の言葉です。本当に辛い時は涙が出ない・・・想像できない程の悲しみの中にいる方々へ「心の救援物資」を届け続ける祐理さんは、ご自身の活動を自らの使命だと言います。

 

神様に導かれるように、これまで歩んできた祐理さん。さらにたくさんの方に安らぎのひとときを届けたいと、今年10月より新しい挑戦が始まりました。ラジオ番組『モリユリのこころのメロディ♪』。ぜひ、お聞きいただければと思います。

 

局名:  ラジオ関西558KHz

放送日: 毎週金曜日 午後 9時~9時30 分 の放送
10月3日(金)より放送スタート!

 

講師プロフィール:
森 祐理(モリ ユリ)
京都市立芸術大学音楽学部声楽専修卒。NHK京都放送局を経て、 NHK教育TV「ゆかいなコンサート」歌のお姉さんを務める。 福音歌手として年間100回以上のコンサートを20年以上に亘って行い、 心に響く美しい歌声で、多くの方々へ希望のメッセージを届けている。
刑務所等での慰問の働きが評価され、2002年大阪矯正管区長賞、2007年法務大臣顕彰を拝受。阪神大震災で弟を失う体験を通し、以来国内外の被災地にて心の救援物資を運ぶ働きを継続。神戸市追悼式典にて独唱(2010年より5年連続)。 東日本大震災被災地での支援コンサートは、80回を超える。
ラジオ関西「モリユリのこころのメロディ」パーソナリティ。 日本国際飢餓対策機構親善大使。茨木ロータリークラブ名誉会員。 CD17枚、著書3冊、共著、DVD「永遠のふるさと」等好評発売中。
公式HP http://www.moriyuri.com/

 

PA086737s

Follow me!