経営者がより深く学び、より広く体験する場「日経トップリーダー大学」第9期の中で、東邦レオホールディングス代表取締役社長/レオ財団理事長 橘が「正しいお金の稼ぎ方とお金の使い方」をテーマに、講演させていただきました。

受講者より寄せられた講演メモをご紹介させていただきます。

=topics=

●九段ハウス(2018年に「登録有形文化財」として、文化財登録原簿に登録された、旧山口萬吉邸)に、関わることになった経緯と新たに見る価値とは?

●事業継承に必要な視点と、経営者として全うすべき本当の役割とは?

●橘俊夫の人生に影響した「目標設定」と経営者としての「実践を通した学び」とは?

●Q&A

●九段ハウス(2018年に「登録有形文化財」として、文化財登録原簿に登録された、旧山口萬吉邸)に、関わることになった経緯と新たに見る価値とは?

事業会社の当時社長が近郊をランニングしていたら、偶然門が開いており中に入ってみた。このままだと解体され、やがてはマンションになってしまう…100年耐えたら日本最古の住居となると確信し、建物を残すために、5億かけて元の姿に戻した。

建物を所有するのは良いが、それをどう活用するのか?

竹中工務店と東急電鉄と3社で定借。地代は月600万となる。意味があるのか意義があるのか?…という選択に迫られた時、当社以外にやるとこがないのであれば、やろう!という決断を下す。

1日250万円という借り賃で、九段ハウスを最初に借りたのはルイヴィトン。6日間のポップアップショップで9億の売上に至った。日本は安けりゃいいという傾向が強いが、海外は高いものをより高くという背景が見てとれる。

●事業継承に必要な視点と、経営者として全うすべき本当の役割とは?

直系だけで事業承継をしていても未来はないと判断し、当社を託した相手は際立った個性の持ち主。クリエイティブとテクノロジーを掛け合わせ、人が集まらない場所を人が集まる場所にする企業として現在成長を遂げている。

経営者として必要な視点は、社会全体に配分するという観点。世の中に会議室はいっぱいあるが、そこで議論されているのは全て儲け方。会社がつぶれてしまっては意味がないが、つぶれない会社がいっぱいあるのにも関わらず、自社の利益だけを考えていてはダメ。

これから30年50年先を見据え、世のため人のために生きる人をバックアップしていくことを目的とし、2013年に「レオ財団」を起ち上げた。自分の会社のことだけをしていればいいの?誰が全体のことを考えるの?バランスをどう取るか?「最適化社会」に軸を置いた、思想の発信や人材育成、人のために生きる人の支援を行っている。

●橘俊夫の人生に影響した「目標設定」と経営者としての「実践を通した学び」とは?

松山出身。父の転勤を機に大阪へ。人生最初の目標設定は、高校生の時。インターハイに行きたい⇒クラブ探し⇒スキーを選択。目標に対してロジックを組んで実現させた自信が今も支えている。

人生2つ目の目標設定は、大学生の時。世界一周に行く⇒本気になったら情報が入ってくる⇒100万必要。ルート設定。2年で100万ンエを貯めて実現した世界一周はその後の人生にも大きく影響した。

経営者となってからの学び。

・経営は戦い。何のために戦うのか?⇒経営理念

・みんなにとってそうなったらいいなというビジョンがあるか?

東邦レオという社名は理念そのものであり、時代の変化に応じて独自性ある商品をつくり続ける。

商品を変えるのではなく意識を変えることで5年で51億。パーライトを売るという目的を幸せになるために強みをどう生かすかと考えた結果、緑化や吹付事業に転換。

周りの経営者は規模の拡大を目的としていたが、それは怖いという考え。60歳を超えたとき、本当に何がしたかった?という問い。自分しかできないことって何?という問い。創業者である父が一番よろこぶことって何?という問い。

⇒働いているみんなが幸せになっている会社

経営問答

自分で正しいと思ってることでも、もっと深みのある考えがある。こう思うけど、本当にこれでいいのか?迷いを持つことができる。

赤字を出すことは経営者の恥である。売上が上がってもキャッシュフローがまわる事業。30%は売上に絡まない仕事をしている。やってみることにチャレンジする会社。

研究開発費

大学4年生の力を活かす。若い人の才能を活かして押し上げる。自社における優秀な社員の定義を明確に定める。人がよろこぶことをみて楽しめる人がいることで事業になる。

●Q&A

Q吉川社長を選んだ理由は?

Aご縁。社員がグロービスのMBAを取りに言って、社員が感性を必要と感じ顧問契約していた。月1回来ていた。担当は不祥事で辞めたとき、社員からの進言でちゃんと話してほしい。話したら、社長やりましょうか?とあったので逃がしたらいけないと1週間で決めた。これまではアウトプットしながら仕事していたけど、インプットできるからいい。起業が学校になる。みんなが学びあう場。正しいことが正しいと言える雰囲気、文化。任せているかわりに30分は毎日しゃべっている。

Q自社のためではなく社会のためと変わったのはいつ?

A父がおじいさんの影響を受けている。資本主義はいい仕組みだけど、力を持った人が弱者に配慮をしないとうまくいかないというおばあちゃん。頑張ることで事業が起こる。両方やろう。

・人との出会い

・本との出会い

・出来事との出会い

魂レベルの何かによって導かれている、動かされている。

Q正義感は強かった?

Aいじめていた人をいじめていた。できる人間は自分との比較論。自分ひとりでは何もできない。できないことができるは強み。できる人は、できることを自分の才能とは思わない。相手の立場に立って考えてあげる。最初のころは、朝礼で上がってしまって真っ白になったことがある。何を伝えるかをちゃんと持っていなかったらただの詐欺になる。根本に何を持つか?伝えることは自分がやっていることを伝えている。経験はそのひとしかしていない。それを伝える。勉強したものはほとんど捨てた。これはというものだけずっとやり続ける。これいいなをキャッチできることと継続できることが強み。youtubeでレオ財団を検索して毎日15分。優先順位をつける。お母さん教育。ちゃんとした日本人に育てる。自分のことだけ考えて自分のことだけする人にしてはダメ。本当の勉強は社会人になってから。偏差値の高いことはロボットでもAIでも可能。

Q時間配分どうしてるか?

A仕事との垣根はない。10年前の仕事だったら、今30分~1時間で終わるのでは?それで生まれた時間で何するか?本気で働き方のリストラクチャリングをしている会社は少ない。現社長は仕事を通じて、経営できる人間を2~3人育成する。

Q社長と会長、社員はどっちを向いてるか?

A忖度する人間はいない。自分が採用した人間は反対をしていたが、今より幸せになると伝えた。しばらくしたら本当だったという社員の反応。強みを出すには自由にさせる。絶対に赤字にしてはならない。現在は中間管理職はいない。

Q売上に関係ないところ30%とはどんなことを?

A宗像市。地域活性化。人が来すぎて観光地化しすぎてもダメ、人が来なさ過ぎてもダメ。中津、スリットパーク。古い価値と新しい価値を繋げて価値を高める。今までやったことがないことをやる。儲からないからと誰もやらないことをやってみるから自社独自のノウハウが積みあがってそれを組み合わせることができる。そのことが次のオファーとなる。財務リテラシー:自分の人生どれだけかかるのか?それをどう稼ぐのか?今じゃなく未来を考える。外貨建て資産を持たないとはありえない。

Q判断のものさしを磨くには?

A人生の師匠を持つ。批評家ばかりの人はだめ。この人が言うことなら信じられる。本当に自分を考えてくれるひとを持てるか?そのひとたちのために普段から何をしてあげらているか?誰にどうつなぐかを助けてあげられる人脈を持つ。

Q株式、と拒否。

A財団法人評議員6人。4人がこういえばそうなる。拒否権だけを持つ方法はない。普通の会社になったらよそで勝手にやったらいい。橘家がつくった会社なんて思われたくない。

Qやる気がない社員に目標を持たせるには?

A何かがきっかけでスイッチ入る場合がある。強制ではなく、自然に。話し方聞き方。挨拶、興味関心を持って、うなずいて。伝えることは言葉ではエネルギー。エネルギーは目から入る。何かを伝えたい。震災時の面接。しゃべるときは命がけでしゃべるから聞いてほしい。スピーチ力が上がる。社是の唱和と経営理念の唱和はやっている。

Q人事評価制度はあるのか?

A給与と賞与。業績貢献度配分。業績とは何か?期間業績、次期業績展開力、人材育成力。成果配分ではない。これを使ったから営業赤字ではだめ。1回2回は我慢して。3回違ったなら会社が違うか自分が違うかだから辞めることも勧める。原資はそのときによる。コロナ時10万配ったらもらいすぎということで有志でお金を集めて困っている先に配布した。

Q社長あて社員アンケートシステム

Aモラルサーベイ的。近況、幸せか?、仕事どうか?など。面談希望か?も聞く。心も鍛えられる。色々書かれてる。思ったのは事実だから受け止める。

Q採用試験は?

A新入社員を取っているのではなく、会社の未来を採用している。健全な離職率はある。社長が話す会社説明会。90分~180分社長がしゃべって、これが嫌ならもう帰っていい、それでも興味があれば残って。合うか合わないか。本当に相手のことを考えてあげる。両親のことも考えて。人間対人間として付き合う。

Q今後の利益が出るのが?

A含み益を出していく。

Q世界一周でどこがよかった?

A中米が好きだった。日本の当たり前は世界では当たり前ではない。色眼鏡が外れた。世界は多様性がある。経済人として鍛えるなら経済成長がある日本で何のために働くのか? スポンサーついたら何をする?半年で飽きる。仲間、目的、成長。働くことは人生にとって大切なものという覚悟を持って働き始めた。人との比較論から脱皮。序列をつけない。人に迷惑をかけてはいけない。

Q学校をつくるというのは?

A学校というハコではなく、生きたお金の使い方研究所。本当に生きたお金を考えて実践してる人は少ない。一生過ごせるお金を残されて、子孫は幸せになれるのか?自分で生み出す力を持てないとしょうがない。

Q学んだことで捨てなかったことは

A自分にとって幸せとは何か?を真剣に考える。心と体の健康。毎日行くところがあって仲間と一緒に何かをする。自分が努力する必要がある。ちょっと気にかける。電話する。メールする。ゆきだるまの核になるお金は我慢して貯める。自分で考える。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。